観葉植物ならやっぱりブルーミングスケープがおすすめ♪

カニサボテンの育て方

カニサボテンの育て方をご存知でしょうか?カニサボテンは12月から3月くらい花をつける、見た感じまさにカニのハサミのような葉を持っているサボテンのことです。

カニサボテンの育て方は気温に気をつけて

カニサボテンは28度を超えると弱ってしまうので、サボテンだから熱いところでも大丈夫と思わないで気温に気をつけてあげましょう。

カニサボテンの開花時期

普通春先など暖かくなってから花を咲かす植物が多いですが、カニサボテンは12月から3月という寒い時期にキレイな花を咲かせるので、華やかになってうれしいです。花は赤、ピンク、オレンジと言った非常に鮮やかなのが特徴です。

カニサボテンの育て方と似ているシャコバサボテン

よく似た種類にシャコバサボテンがあります。カニサボテンンと育て方はほぼ一緒で、季節は4月から7月に表面が乾いてきたら水をたっぶり、でも一週間に一度だけあげます。とくに夏期は水をあげすぎるといけないので注意して下さい。

9月以降は10日に一回の割合で水をあげて、冬は表が乾いてもそこから数日たってから水をあげてください。あまり水を上げ過ぎると根腐れしてしまいます。用土は水はけのよい物、通気性のよい物を選んで下さい。

カニサボテンの育て方は環境に気をつける

カニサボテンはデリケートで環境の変化に弱いです。大きく育ってきたらカニサボテンの植え替えを行うと思いますが、注意が必要です。カニサボテンは上手に育てると10年以上、それ以上の寿命になると言われています。シャコバサボテンも15年以上もつとも言われていて、カニサボテンと共に長生きなサボテンです。カニサボテンの育て方をマスターして、長く大切に育ててあげましょう。

カニサボテンの育て方、冬の場合

熱いところが苦手、でも水を与えすぎず、でもからさないように涼しい場所で育てるのが良いです。冬は逆に外に置くと寒すぎて凍ってしまって弱って死んでしまう事があるので、冬は部屋の中に入れてあげるのがいいでしょうね。

カニサボテンとシャコバサボテン

カニサボテンとシャコバサボテンの見た目の違いは、カニサボテンは葉が丸く、シャコバサボテンは葉が少し長いです。カニサボテンの育て方もシャコバサボテンの育て方もほぼ同じですが、シャコバサボテンは花が咲く開花時期が9月から12月もしくは1月という感じでカニサボテンと若干違います。

シャコバサボテンの花の色を変えてみましょう

シャココバサボテンは育てる温度を調整すると花の色を変える事ができるようです。最低気温を15度以下に設定すると、白い花の場合はピンクになることがあるようです。気温で花の色が変わるって面白いですよね。花と葉の緑色のコントラストがはっきりしていて、非常に美しいサボテンだという印象があります。カニサボテンの育て方は意外とデリケートなので難しいかな?と思っている人もいるかもしれませんが、育て方は難しくないので愛情を持って育てて、美しい花を咲かせましょう。